敏感な目の下の皮膚|たるみは最新の治療で

ウーマン

患部の働きを抑える整形

注射する女性

近年、様々な効果をもたらすボトックスという成分を注入する美容整形が普及しています。ボトックス注射は希望の部位に直接有効成分を注入することにより、患部の筋肉などの働きを抑制して様々な美容・健康上の問題を解決します。本格的な整形手術は数時間の治療を必要とし、入院しなければならないこともあります。一方、ボトックス注射は数十分の治療で日常生活に支障がなく、この手軽さが人気の理由の一つと言えます。また、皮膚の切開を伴う整形手術は術後に腫れ上がったり、しばらくは傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。しかし、ボトックスは注射による治療で傷跡が目立たず、副作用も少なめで自然な仕上がりが期待できる点でも人気です。

美容整形におけるボトックス治療の最も大きな利点は、治療できる部位が多岐に及ぶということです。よく行われるボトックス治療は、エラなどの顔の筋肉に成分を注入し、患部の働きや発達を抑えることで小顔効果を得るものです。最近では筋肉以外の部位の働きも抑制することがわかったボトックスは、手足の多汗症に用いられることも増えてきました。今までは高価なグッズの購入や汗腺の除去といった負担の大きい治療が必要だった多汗症は、短時間のボトックス注射で長期に渡って持続的な制汗効果が期待できるようになりました。この制汗効果を利用してボトックスはわきが治療にも活用されるようなりました。このように、負担が少ないにも関わらず様々な部位に効果を発揮するのがボトックスの魅力です。